メンバーを活かすチームの作り方【関西ワークショップ#14】

2008/06/06 関西ワークショップ#14�̥������ɥ�レポート †�̥������ɥ�

ET-West2008のコミュニティセッションにて、ワークショップを開催しました。

目次 †�̥������ɥ�

  • 2008/06/06 関西ワークショップ#14レポート
  • 目次
  • 開催概要
    • テーマ
    • 日時
    • 場所
    • 今回のテーマ
    • ワークの様子
  • 参加者のブログによるレポート
  • コメント

開催概要 †�̥������ɥ�

テーマ †�̥������ɥ�

『メンバーを活かすチームの作り方』

※Embedded Technology West 2008(組み込み総合技術展 関西)のコミュニティセッションとして開催されました。�̥������ɥ�

日時 †�̥������ɥ�

6月6日(金)15:00-17:00

場所 †�̥������ɥ�

インテックス大阪

5号館1F 展示会場内A会場

今回のテーマ †�̥������ɥ�

『メンバーを活かすチームの作り方』

  • PFP(プロジェクト・ファシリテーション・プロジェクト)はプロジェクトを活性化させ、メンバーのパワーを100%以上に発揮させるための「プロジェクトファシリテーション(PF)」を、ワークショップなどを通じて実践しながら探り、開発現場に普及させるコミュニティである。このセッションではプロジェクトの成功に不可欠な「メンバー個々の力を発揮し、つなぎ合わせるチーム作り(チームビルディング)」のためのPFの手法を実際に体験し、その手法を持ち帰っていただく。

ワークの様子 †�̥������ɥ�

  • 申し込みは満員御礼!約70名の方に参加していただきました。
  • A4の紙を5つに切り分けたパズルをつくり、それをシャッフルしてまた組み立てるという作業を通して、PFの効果を体験するワークです。
  • バーンダウンチャート、ニコカレ、タスクかんばんを使って、作業の改善に試みます。
  • ワークの最初に朝会をやります。朝会で、その日の作業・役割を確認します。
  • セッションの最後に、西さんから参加者のみなさんにインタビュー。短時間で、初対面のメンバーともワークに対する一体感が得られたという感想が多かったように思います。何より、参加者のみなさんの笑顔が印象的でした。
  • セッション終了後に、公開で行われたスタッフふりかえり。これだけのたくさんの方にPFの効果を体験してもらえたことや、大きな問題なく進行できたことなどのたくさんのKeepがありましたが、いくつかの課題(Problem)も見つかりました。次回ももっと良いワークを行いたいと思います。ありがとうございました!

参加者のブログによるレポート †�̥������ɥ�

※発見,報告順

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中